ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


グループシナジー

 

診療支援ソリューションをはじめとした医療ITシステムを通じ、医療現場の多様なニーズに対応

当社はITを活用した医療情報システム分野において、富士フイルム および富士フイルムメディカルと連携し、医療現場ごとに管理されてきた各種診療情報を集約・統合管理する「統合診療支援ソリューション」の企画・開発、販売、サポート、コンサルティングを行っております。

当社は、株式会社システム計画研究所が有していた生体情報システム事業を統合し、社名をヤギー株式会社から、新たに「富士フイルムメディカルITソリューションズ」と変更して平成24年4月1日に発足いたしました。

今後も富士フイルムグループが持つ、医療ITシステム分野に関する知と経験を融合し、医療現場の多様なニーズに対応するメディカルITソリューションをご提供することで診療業務の効率化と医療の質向上にトータルに貢献してまいります。

[図]グループシナジー

関連情報

病院内の各診療システムで管理されている検査画像、バイタル情報、処方など診療データを1つのプラットフォームに集約・表示。診療のプロセスの全体像を把握しながら、診療の場面に応じて、目的の情報に簡単・迅速にアクセスすることができる次世代診療支援システムです。

電子カルテなどのデジタル化された情報、さらには紙ベースの文書・帳票類、各部門レポートを統合・一元管理し、データベース化するシステムです。これによりチーム管理やカンファレンスなどのワークフロー、臨床研究を強力に支援します。

重症患者系を中心とした医療情報システムの製品・サービス

1つのシステム基盤を使いつつ、内視鏡部門と生理検査部門のまったく異なるワークフローを持つ2部門の運用管理を可能にする統合システム。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る